スポンサーサイト

  • 2019.07.05 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    1人の女としてお願いしたい事

    • 2018.08.30 Thursday
    • 00:43

     

    どうもTnakaです。

    今日はみんなに聞いてほしい事があります。

    長文乱文、ちょっとキツい言い方になるかもしれない

    わかり難い内容かもしれないけど

    よかったら最後まで読んでください。

     

    これはmarble≠marbleとして決まりとか

    そういうのじゃなくて、

    Tnaka個人として、1人の女としてのお願いです。

     

     

     

    私たちを応援してくれる理由に

    ただただ純粋に音楽が好き、ライブが楽しいって人もいると思うし

    活動を頑張ってほしい、支えたい、応援したいっていう人もいてると思うし

    人間として好いてくれてる人もいるんじゃないかと思う。

     

    他にもいろんな感情が一人一人あるかと思うし

    ひとつだけじゃなくて人それぞれパーセントが違うと思う。

     

    私たちはその気持ちにできるだけ応えたい。

    こんな私だけど、応援してくれてるみんなのおかげで活動できてる。

    ほんとにいつもありがとう。

     

    でも時に応えられない時もある。

    なぜなら私は演者である前に1人の人間、女であるから。

     

     

     

     

    抽象的すぎて私も何を言ってるんだろう

    という気持ちになってきた。

     

    端的に言うとチェキの事である。

     

     

    原価にしてみれば一枚100円しない写真が(うちでは)1000円する。

    世界に一枚しかないとはいえ、一般人からしてみればぼったくりだ。

    自分で書いてみてほんとにそう思う。

    少し申し訳なくなってきた。

     

    アイドルとチェキについては色々議論すべき内容であるが

    その事だけでひとつブログ書けるくらいの内容になりそうなので置いておく。

     

     

    アイドル物販でのチェキっていうのは

    2ショットの世界に一枚だけの写真って意味だけじゃなくて

    応援してくれてる気持ちが込められてると思ってる。

     

    物販に来てもらわないと基本的にゆっくりお話しできないので

    その間にありがとうって伝えたいし

    受け止めたいと思う。

     

    写真だけじゃなくてそういう目に見えないものも

    チェキの値段に含まれてると思ってる。

     

    俗にいう「接触タイム」というやつであるが

    接触といってもほんとに触っていいわけではない。

     

    触らないで!!気持ち悪い!!とか言ってる訳じゃないです。

    (てかそう思う人はただちにお金もらうのをやめた方がいい)

     

     

    他の方は色々ルールがあると思うが、私は

    〇〇していい?って確認とってくれれば

    常識の範囲内でOKします。

     

     

     

    2ショットを撮るときに、アイドルちゃん側から腕を組んだり

    おっぱいを当ててきたりする人がいるらしいけど(私は絶対しないけど)

     

    もしお客さん側からそれを許可なくやってきたら

    それは犯罪だし恐怖でしかありません。

    (許可があっても上記の行為は断ります。)

     

    こういう事されたら恐怖と怒りとで

    正直お話ししたくない気分になります。

    笑顔作れないし、接触中は顔見たくないです。

    そういう事まで許してほしいと言うなら

    そういう事ができますとうたったグループさんやお店に行ってほしいです。

     

    そこまでいかなくても

    異性から、男性から触られるっていうのは

    女性にとって結構な恐怖です。

    いい人だって知っていても、

    自分より力の強い男性から触られるというのは怖いです。

    肩や頭をポンポンってされるだけでも

    セクハラって思う人の心理はこういう事だと思います。

     

     

    たまーに女の子が来てくれた時

    私はハグしたりするけど、その時も絶対許可とります。

    もし女のお客さんでも許可なくハグされたらびっくりします。

     

    ハグをいきなりしていい関係というのは

    母親とか恋人とか本当に気心知れた人くらいだと思う。

     

     

     

     

    例えば壁ドンチェキが撮りたいとします。

    であれば、壁ドンしたいとか許可が必要。

     

    壁ドンって漫画ならすごくドキドキシーンだけど

    それってお互いのパーソナルスペースに侵入してるからだと思うの。

     

    その人に(恋愛感情的)好意を持っている男性であれば

    本当にいい意味でのドキドキだと思うけど

     

    好意を持ってない男性からパーソナルスペースに侵入されるのは

    ただただ恐怖のドキドキ。

     

    男性のみなさんでも、例えばいい人だと知っていても急に

    2mもあるボブサップみたいな筋肉ムキムキの人に詰め寄られたら

    恐怖感じません??(ボブサップは2mないと思うけど)

    想像しただけでも怖くない!?

     

    なので一声あるだけで全然気持ちが違います。

     

    〇〇していい??と許可をとってほしいです。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    それから距離感のことで言いますと

    ライブ後の興奮からなのか、めっちゃ距離近い方が結構います。

     

    楽しい気持ちもわかるし、とても嬉しいのだけども

    距離が近すぎると怖いです。

    壁に追いやられていくと結構恐怖。

    楽しい時間が私も冷めてしまいます。悲しいです。

     

    近いって言わればいいのだけど

    遺憾せんそういう事をスっと言えるタイプじゃなくて

    いつも言い出せずにいます。

     

    気づいてくれたら助かります。

     

     

     

     

     

    話を戻して、

    さっき許可をとってくれればいいっていったけど

    許可をもとめられても嫌な時もあります。

     

     

    でも応援してくれてる気持ちに応えたい想いがあるし

    ここでダメですってつっぱねてもう来てくれなかったら悲しいし

    だったら嫌だと思ってもやるべきなのか

    それかもっと角が立たない言い方はできないのか

    察してほしいと思いながら

    色々悩みました。

     

     

    嫌だと思ったその時に

    ちゃんとやめてと言えればいいのだけど

    私はそういう事が言えなくて。

    我慢しなきゃいけないのかと思い込んでました。

     

     

     

    冗談ぽくヤダって言ってきたとしても

    本当は冗談じゃなくて、

    絞り出した嫌だって気持ちなんです。

     

    理由なんて聞かないでほしい。

    嫌なものは嫌なんだもん。

     

     

    はじめは嫌じゃなくても後から嫌になってくる事もある。

    この前はよかったのにダメなの?ってのも言わないでほしい。

     

    粘ったらいけるって思ってるのかもしれないけど

    傷ついて心が折れただけです。

     

     

    女の子が渋ったらサッと引く

    ジェントルマンであってほしいです。

     

     

     

    Tnakaにそんなガチ勢おったんか、と

    思ってる方もいるかもしれないけど

     

    冗談とか、じゃれあい?的な

    親しみでやってるんじゃないかなーと思います。

    本心は当人しかわからないのでわかりませんが

    乗ってあげたい気持ちもありながら

    怖いと思ってしまうので、

    私も女だと思い出してください。

     

     

     

     

    私も活動して4年目になるし、そんなすごく若いわけでもないし

    多少の事は目をつむって、

    ちょっと嫌だと思っても我慢するべきだと思った

    ほんとは年長組さんらしく

    直接Noが言えなきゃいけないけどできなかった。

     

     

    でも我慢の限界がきたからって

    出禁にするとか禁止にするのは簡単だけど

    私のところに来なくなって、

    他のもっと若かったり、言い出せない子に同じ事をして

    私と同じようにモヤモヤした気持ちになってほしくないし

     

    それが嫌で、嫌って言えなくて活動を辞める、

    もしくはモチベーションが下がる事は

    とてもありえる事だと思う。

     

    わたしはまだ男性がいるけど、

    女の子だけでやってる子たちとかは

    不快感を与えずに伝えるってすごく難しい事だと思う。

     

     

    何正義感出して偉そうにって気もするんだけど

    Me tooします。

     

     

     

     

     

     

     

    あとルールを作りたくない理由に

    音楽は、ライブハウスは、

    自由をあたえてくれる、自分を解放する

    魔法だと私は思ってます。(恥ずかしい)

    だから音楽が大好き。

     

     

    そしてマブダチの皆さんは常識のあるいい大人だし

    こうやって私の気持ちを伝えれば

    きっとわかってくれると信じてます。

     

    今までみんなの事見てたから

    それぐらいの事わかってるつもり!

     

     

     

     

     

     

    もやもやして最近寝れなくて作業も手がつかなくて

    MVの公開が遅れます、、(言い訳)

    楽しみにしてくれてた皆様、もう少々お待ちください。

     

    いい絵が撮れてるのでいいかんじに仕上げていきます。

     

     

     

    文字にしたら少しすっきりしました。

    みんなに伝わることを願ってます。

     

    そして気にする必要のない人が

    気にしすぎない事も願ってます。

     

    不快な思いをした人がいたらごめんなさい。

    もっと優しく伝えられたらいいのにできなかった。

     

    お願いばっかりでごめんね。

    これからもどうぞよろしく!

    最後までありがとう。

    iPhoneImage.png

    スポンサーサイト

    • 2019.07.05 Friday
    • 00:43
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      今まで1度もTnakaちゃんに不快な思いをさせたこと無いか?自信が持てないんですが、書きます。

      残念やけどそういう事をする人おるんやねTnakaちゃんが不快に思っていることに気がつかへん、自制心が弱い人が。

      普通はその場の空気が変になったりするので気が付きそうなものなんやけど…

      ずいぶん前に見たけど、お姫様抱っこでチェキ撮ってたことあったやん?
      僕はそういうふうにしたいと思わへんけど、(いやマジで)その場で見てた人の中にはOKだと勘違いした人がいたかもしれないから、NGなときはハッキリと意思表示することが必要なんやろうね。

      例えばチェキを撮るお客さんに事前に見てもらう説明書みたいなのがあればスマートかなと思う。
      書き方を工夫して、こうやって楽しく撮りましょう!的な。(内容は嫌なことが起こらないような注意書きやけどね)

      それでも理解しない人がいたときはバンド出演ならフジータさんや松本さんに注意してもらうのがいいと思うけど、ソロのときは思い切って自分でNGですって言わなあかんのかなー難しいけど。

      あー、おっさんやから文章がアドバイスみたいになってしまった。
      マーブルのファンやのにTnakaちゃんのモチベーション下げるって本当に反省してほしい。
      • 金魚。
      • 2018/08/31 11:11 PM
      コメントする








          

      PR

      calendar

      S M T W T F S
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      2930     
      << September 2019 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM